人気ブログランキング |
ブログトップ

工房風苧 芭蕉布日和

kouboufuu.exblog.jp

『工房風苧の芭蕉布』動画できました!

前回のブログにもちょっと書きましたが、『いぎみてぃぐま』に合わせて、アドバイザーのつくらしさんに制作工程のビデオを作っていただきました。

「芭蕉布」は知っていても、それがどのように作られているのか、まだまだ知らない人は多い。
自分が写っている映像はちょっと恥ずかしいところもありましたが、会場では想像以上に多くの方に見ていただき、多少なりとも芭蕉布の工程を理解してもらう一助になったと思います。
中には、立ったままずっと食い入るように見ていた方や、いろいろ熱心に質問される方も。
また畑で繊維を収穫するところから始まるということに驚いている方もいて、思わぬ映像の効果にびっくりしました。

そして、工程を知ってもらうことにより、芭蕉布を手に取り、使ってみたいと言われる方も多く、販売にも一定の成果がありました。

本来はただ”もの”を見て、気に入って下さった方に買っていただくのがベストで、あまりあれこれ説明するのはカッコ悪いと思っていましたが、今回いろいろな方とお話して、芭蕉布がどのような工程を経て作られているのか、その物語を知ることにより、目の前にある”もの”の見方が変わっていくということを実感しました。
伝えたいことを、きちんと伝えるためにも、ある程度の説明、知識は必要だと。

ダイジェスト版(5分)もあります。


どうぞご覧ください。


*映像を作っていただいた「つくらし」さんのHP


https://tsukurashi.jp/index.html












# by fusamarumaru | 2019-05-27 17:19 | お知らせ | Comments(0)

たまには戦略的アプローチを。

b0228094_17462527.jpg

いぎみてぃぐま、無事終了しました。

遠くまで足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。

おかげ様で思った以上に沢山のものたちが、それぞれ気に入って下さった方の元に旅立って行きました。中には昨年出品していた作品をずっと心にとめていて、2年越しでお買い求め下さった方も。うれしいことです。
 
芭蕉布は陶器や木工品に比べて、生活の中で日常的に使うものも少なく価格も高いので、敷居が高いのか、遠巻きに見る人も多く、今年は何とかその状態を少しでも改善できないか、自分なりににいくつかの工夫をしました。

b0228094_17434884.jpg

b0228094_17440274.jpg

まず、見せ方。
工房風苧の芭蕉布を表現をするにはどうしたら良いか、より多くの人に見てもらうには、どんなテーブルの並べ方がいいか・・などなど、あれこれ試行錯誤しながら考えました。
特に今回はバッグが多かったので、立体的に見せるために展示台を作ったり、ディスプレイ用のバッグスタンドを購入したり、また芭蕉布の特徴でもある透け感を感じてもらうため、タペストリーは光が差し込む窓に下げたり、一つ一つのものがより美しく見える方法を試してみました。
その効果か、「わーきれい!」と近づいて来る方がいたり、バッグを手に取って見てくださる方が増えたような気がします。

b0228094_17441326.jpg
次に、作る工程を伝えるということ。
芭蕉布は芭蕉という植物から生まれるということも、まだ知らない人も多いので、どのように芭蕉布が作られていくか、映像や写真、また繊維や糸など素材を展示することにより、できるだけ知ってもらえるように努力しました。作業工程のビデオは、3年前からいぎみてぃぐまのアドバイザーとして関わっていただいている、つくらしさんに作っていただきました。

他にも、カード払いができるようにしたり、とにかくできるだけ多くのものを作り、芭蕉布の表現の豊かさや、選ぶ楽しさを味わってもらえるよう工夫もしました。

そんないくつかの努力のせいか、前回より見て下さる方は確実に増え、気に入って買って下さる方も多く、頑張った甲斐がありました。
さらに、また芭蕉布の魅力を伝えられるよう、今後とも精進したいと思っています。










# by fusamarumaru | 2019-04-11 17:59 | 思うこと | Comments(0)

楽しい楽しい裏地選び🎵

b0228094_17170393.jpg

小物を作るときにこだわっていること、いくつかありますが、まず大切にしているのは、布の風合いや質感を壊さないということ。
デザインを考えるときも、いかにこの布が美しく見えるかをまず考えます。あくまでも主役は芭蕉布。だから他の素材と合わせるのも最小限。裏地の麻や持ち手の皮、がま口の留め金など、使い勝手や強度的に必要なものは、できるだけ芭蕉布の質感に合うものを選びます。

使うことによって柔らかくなったり、色がちょっと落ち着いてきたり、そんな経年変化も楽しんでもらえるように。

b0228094_17164867.jpg

そんな自分なりの決まりごとの中でも、裏地の色を選ぶときは、思いっきり遊んでしまいます。
このときばかりは、かつてパッケージデザインの仕事をしていた頃を思い出し、自由に大胆に?色を選んでいく。

芭蕉布の多くは生成り地なので、小物にすると地味な印象を受けることもあります。でも裏地の色を変えることで、印象が変わり、表の布も生き生きとしてくる。
バッグやコースターは、表からは見えないけれど、使っているときにチラッと見えたり、ブックカバーや名刺入れなどは、開いたときに表地との対比を楽しむことができます。
(がま口は、使ってる自分しか知らない密かな楽しみが・・笑)

b0228094_17154794.jpg
b0228094_17170950.jpg
b0228094_17163585.jpg

本音を言えば、色を選んでいる私が一番楽しいのですが・・。
だから、バッグ、ブックカバー、名刺入れ、がま口、コースター、一つ一つ裏地の色違います。
お気に入りの色を、じっくり選んでくださいね〜。

b0228094_17165547.jpg















# by fusamarumaru | 2019-03-30 17:23 | 作品 | Comments(0)

今年の『いぎみてぃぐま』はバッグ祭り!! 

b0228094_16094138.jpg
b0228094_16094970.jpg

今年はいつになく、バッグを沢山作りました。定番のトートバッグ、巾着に加えて、昨年から作り始めた着物にも合う横長のバッグ、和装洋装どちらにも使えるケリーバッグ風(形だけ?)のものも新しく作りました。

使ったのは一枚の布。
でも全て同じ柄ではなく、縞だけの部分や緯に色糸を入れ格子にした部分など柄に変化を持たせ、どこをどのように取るかにより、一つ一つ違う印象のバッグが出来上がりました。また表の柄や色、形により、裏地や持ち手の革の色も変え、買う側の選ぶ楽しみがふくらむように配慮しました。
(芭蕉布は完成までとても時間がかかり、何種類もの布を作ることができないので苦肉の策でもありますが・・。)

一枚の布から生み出される多彩な世界、どうぞお楽しみください❗

b0228094_16095763.jpg













# by fusamarumaru | 2019-03-30 16:18 | 作品 | Comments(0)

喜如嘉の芭蕉布『平良敏子 白寿記念作品展』

b0228094_17213481.jpg

先週末、平良敏子先生の『白寿記念作品展』に行って来ました。
白寿記念なので、作品は99点。圧巻でした。

白地に絣という昔ながらの芭蕉布に加えて、フクギや茜などで染めた赤や黄色、緑など、カラフルな色ものも多く、今までの芭蕉布のイメージとはかなり違う斬新なものもありました。絣も大柄でモダンな印象。確かに帯として締めたとき、白地のものより映え、都会的でおしゃれなのかも知れない。これが現代の芭蕉布なのかなとも思ったけれど、やはり私は白地の細かい絣の昔ながらの芭蕉布が好き。あの白地の透け感の美しさこそが芭蕉布の真髄だと思うから。色ものが多かったせいか、逆にシンプルな白地の美しさが際立っていました。

県内の方はもちろん、県外からも、たくさんの方が見にいらしていました。
私も芭蕉布に携わって20数年。こんなにたくさんの芭蕉布を見たのは初めてです。
このたくさんの布たちが、芭蕉布を生み出した先人たちや、作り続けてきた地域の先輩たちへの尊敬と感謝の念、そして敏子先生に指導を受けることができたことが、どんなに幸せなことだったか、あらためて気付かせてくれました。

いろいろ大変なことも多いけれど、この気持ちを忘れずに、これからも私なりの芭蕉布を作り続けたいと思います。

b0228094_17214482.jpg
(教え子有志でお祝いにお花を持って行きましたが、識名園は世界遺産のためか園内持込み禁止で、入口に置かせていただきました。)

b0228094_17215480.jpg
(私たち教え子が細々とでも続けているのが、何よりもうれしいとのこと。がんばります!!)

















# by fusamarumaru | 2019-03-25 17:39 | 思うこと | Comments(0)