ブログトップ

工房風苧 芭蕉布日和

kouboufuu.exblog.jp

苧績みワークショップやります!

b0228094_10535791.jpg

久々の更新です。
いつもお知らせばかりですみません!
ちゃんと仕事もしてます。苧績みとか、苧績みとか、苧績み。
そう、苧(芭蕉の糸)が無くては布は織れぬ。芭蕉布作りは、糸作りから。
・・ということで、そんな芭蕉布作りの”肝”とも言える”苧績み”をぜひ知ってもらいたいと思い、苧績み(糸作り)の体験ワークショップを企画しました。

日時: 8月5日(日)11:00〜13:00
場所: 大宜味村喜如嘉公民館
参加費:2000円(糸持ち帰りできます)
定員: 6名 *要予約
持ち物:90×40~50(cm)くらいの黒か紺の布、40×40×深さ10(cm)くらいの籠(ない場合はご相談ください)

お問い合わせ・お申し込み:
お名前、連絡先、を明記の上、fusamaru3535@gmail.comまで。
(又は、このブログのコメント欄に非公開でコメント入れてください。) 


尚、このワークショップは、同日開催の『喜如嘉珈琲散歩』(キザハ(喜如嘉)日記 htt p//kizaha.exblog.jp)の一環として行われます。ワークショップと一緒にお楽しみください。詳細は後日またアップします。











[PR]
# by fusamarumaru | 2018-07-15 11:19 | お知らせ | Comments(2)

キリッと男前の小物たち

b0228094_13522133.jpg
b0228094_13520730.jpg
b0228094_13522939.jpg

小物作りは、前回のブログで紹介したボタンや栞など小さいもの以外は縫製専門の友人に頼みます。

色や形の好み、デザインのセンスも近いので安心して任せられます。彼女は今県外に住んでいるので、なかなか会って打ち合わせをすることは難しいですが、もう何年も一緒にやっているので、大まかなデザイン図を送るだけで、毎回ほぼ期待通りの作品が仕上がってきます。それもキリッと男前に。

b0228094_13515836.jpg

今回も、初めて着物にも合わせられる横長のバッグをお願いしたのですが、私が思っていた以上の出来上がりで、新たな定番に加えたいと思っています。

E子ちゃん、いつもありがとう!

b0228094_13523620.jpg
b0228094_13524359.jpg
b0228094_13532847.jpg
(帯留め。いつもは、たまにはこんなかわいらしいお遊びも。お花はつまみ細工)

b0228094_13525167.jpg
b0228094_13525874.jpg
b0228094_13531020.jpg
b0228094_13532147.jpg
   (定番のヤシラミシリーズ。久しぶりに作りました)













[PR]
# by fusamarumaru | 2018-04-01 14:10 | 作品 | Comments(0)

おおぎみの工芸展『いぎみてぃぐま』に参加します!

b0228094_16342563.jpg
b0228094_16362703.jpg

『いぎみてぃぐま』、今年は記念すべき第15回目。
始まりは『陶炎会』という大宜味在住の陶芸作家たちの展示会。
まだ芭蕉布会館にいた頃で、オクラレルカの花が咲く時期に喜如嘉のターブク(田んぼ)で開催されたこともあり、芭蕉布だけではなく、大宜味は手仕事が身近にある村だと誇らしく思ったことを今でも覚えています。

あれから15年。
作家自らが企画運営する展示会は毎回かなり大変だし、毎年参加できるわけではないけれど、私にとって『いぎみてぃぐま』は、地元で作品を発表できる貴重な場。
それは反面とても緊張する場でもありますが、芭蕉布や私の仕事を知ってもらうよい機会だと思っています。もちろん地域の方だけでなく、今は県内外から多くの方が訪れ、毎年足を運んで下さるリピーターの方も増えてきました。ありがたいことです。

ターブク(田んぼ)のオクラレルカも咲き始めています。
来週から再来週にかけて、ちょうど「いぎみてぃぐま」の頃が見頃です。
ぜひドライブがてら、お越しください。



第15回 おおぎみの工芸展『いぎみてぃぐま』

4月6日(金)7日(土)8日(日)
午前!0時〜午後6時(最終日は午後5時まで)
会場:大宜味村農村環境改善センター
お問い合わせ:事務局代理(大宜味村役場企画観光課)
       0980−44−3007


















[PR]
# by fusamarumaru | 2018-03-24 16:44 | お知らせ | Comments(0)

小さな世界

b0228094_09490364.jpg

バックや巾着、ブックカバー、名刺入れは、縫製専門の友人に頼みますが、さらに小さいボタンや栞は、自分で作ります。

これが結構楽しい。どちらも端切れが少しでも無駄にならないよう、工夫してハサミを入れます。普段、大きなもの(タペストリーやテーブルセンターなど)にはさみを入れるときは、間違いがないか何度も計り直し緊張するけれど、ボタンや栞を作るときは、楽しんではさみを入れます。

すぐ出来上がりが見られるということも大きいけれど、芭蕉布は、どんな小さな端切れでも存在感があり、ひとつひとつに小さな世界がある。これはかなり贔屓目な見方かも知れないけれど、やはり繊維から糸、そして布、という長い過程を経た「手の跡」のようなものの存在感でしょうか。
小さければ小さいほど、その健気な姿に愛おしさを感じます。

b0228094_09490968.jpg

そんな小さな世界にぜひ会いに来てください。

第15回 おおぎみの工芸展『いぎみてぃぐま』
4月6日(金)7日(土)8日(日) 午前10時〜午後6時
大宜味村農村環境改善センター















[PR]
# by fusamarumaru | 2018-03-19 09:52 | 作品 | Comments(0)

裏地選びは楽し🎵。

b0228094_10242298.jpg

小物作りの楽しみの一つは、裏地の色を選ぶこと。
素材は芭蕉の質感と違和感がないように麻100%。表の芭蕉布の色、柄、風合い、また一緒に使う皮や布紐などの色も考え、ピッタリくる色を合わせていく。

b0228094_10234966.jpg
b0228094_10235956.jpg

選ぶ基準は、まず第一に表の芭蕉布が美しく見えること。
芭蕉布はあまり色がないので、裏地を合わせることにより、華やかに見せる効果もある。だから同系色の無難な色よりは、えっ!と思われるような意外性がある色を選ぶことが多い。
そしてもう一つの基準が、現代の生活にも合うモダンな組み合わせにするということ。
伝統的な芭蕉布の柄は直線的で美しいけれど、その素材の素朴さから、ともすれば、古くさい、野暮ったいと見られることもある。でも裏地に表のイメージと違うシャープな色を持ってくると、そういうイメージも払拭され新鮮な印象になる。

今回の布は、紺、赤、緑色が入ったカラフルな縞と格子。伝統的なものではないけれど、緑が入っているので、いつもあまり使わない緑色の裏地が似合いそう。微妙に色合いが変わる黄味がかったオリーブグリーンもきれいだし、表の縞にはない薄い水色も、芭蕉が映えそうだ。

さぁ、何色にしようか。何だかワクワクしてきた。

b0228094_10240860.jpg
(デザイン図と裏地色見本。間違えないように、縫製の方に渡す)



      












[PR]
# by fusamarumaru | 2018-02-25 10:35 | 制作工程 | Comments(0)